新生銀行カードローン・レイクとその他のカードローンを比較すると?

人気の高いカードローン、新生銀行のレイク
他のカードローンと比較して、どこが違うのでしょうか?気になりますね
ここでは、その他の大手消費者金融会社の商品と、新生銀行カードローン・レイクを比較していきたいと思います
レイクの他に、カードローンの大手と言えば、アイフルが挙げられますね
利用可能な限度額では、アイフルが\1,000円〜\300万、レイクでは¥10,000〜\500万となっています
アイフルの方が、比較的少額の利用に向いているようです
金利ではどうでしょう
アイフルの金利は4.5%〜18.0%、レイクでも4.5%〜18.0%と、ここは双方同様のようです
申し込み時の必要書類では、アイフル・レイクともにまず身分証明書を必要とします
更にアイフルでは、希望限度額50万以上、他社分を含めた合計借入金額が100万以上の場合、源泉徴収票などの収入を証明する書類の提出が必要となります
これに対してレイクでは、希望する限度額が100万円未満であれば、原則として収入証明書の提出は不要です
必要書類で比較すると、断然レイクが便利ですね
この理由は、アイフルが貸金業法で規制されている貸金業者(消費者金融)なのにたいし、レイクは新生銀行が提供する、れっきとした銀行融資だからなのです
銀行からの融資では、年収や他社借入総額などの、総量規制の対象外です
この点では、消費者金融と比較すると、圧倒的にレイクのカードローンが優れているのがわかりますよね
アイフルでもレイクでも、借り入れと返済を提携している全国のコンビニエンスストアATMで行うことができます
アイフルでは、セブン銀行・イオン銀行・ローソンATM・イーネット・三菱東京UFJ銀行・西日本シティ銀行・親和銀行での借り入れと返済が可能です
提携先のATMでの利用に際して、1回の取引金額が1万円以下の場合、その手数料は借り入れ・返済とも\105円、取引金額が1万円を超える場合は、借り入れ・返済とも\210円となっています
レイクでは、セブン銀行・ローソンATM・イーネットと提携しています
借り入れ・返済いずれの場合も、すべての提携ATMで、24時間365日、手数料無料で利用することができます
1回あたりの金額はわずかでも、長く利用することを考えると、断然レイクがお得で便利なカードローンと言えますね