レイクに申し込む時に必要な書類は何でしょうか?

カードローン・レイクへの申込みには、いくつかの必要な書類があります
実際に申込みを行う前に準備しておくと、その後の審査やお手続きがスムーズに進むでしょう
レイクでは、申込みの際、全ての方に対して、身分証明書の提示を必要としています
この時の身分証明書としては、「運転免許証」が1番です
運転免許証を持っていない方は、それに代わるものとして、「健康保険証」「パスポート」「在留カード」「特別永住者証明書(外国人登録証明書)」でも大丈夫です
ただし、いずれも有効期限内の必要が有ります
また、これらの身分証明書に、氏名・生年月日・現住所が記載されていることも必要です
記載されている住所と、現住所が異なる場合には、この他に、現住所を確認できる資料として、都市ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHKの公共料金の領収証や、住民票の写し、印鑑証明書のいずれか1つが、合わせて必要ですので、これらも用意しましょう(ただし発行より6か月以内のもの)
身分証明書の用意ができたら、次は収入証明書になります
実は、レイクでは、希望する借入限度額が100万円未満の場合、申込みに際して、収入証明書の提示が、原則、不要となっています
もし、希望する借入額が、10万、20万といった少額であるならば、身分証明書さえ用意すれば、即申込みできます
100万円を超える額を希望する場合、または、100万円未満だけれど、できるだけ多くの借り入れをしたいと希望する場合、収入証明書を用意します
レイクから収入証明書の提出を求められた際に、すぐ出すことができれば、その分、審査がスムーズに行くでしょう
レイクでは、収入証明書の提示として、源泉徴収票、住民税決定通知書・納税通知書、所得(課税)証明書の、いずれも前年度(直近分)を受け付けています
これらの書類の用意が難しい場合は、直近3か月以内の、連続する2か月分の給料明細書でも、大丈夫です
給料明細書の場合は、その明細書に、申込者本人の氏名(フルネーム)、発行年月、発行元名、月収が明記されている必要が有ります
また、証明書の内容が手書きの場合には、発行元の社印、又は社判が必要となります(担当者印は不可)
賞与が有る場合には、直近の賞与明細書もあわせて用意できると、なお良いでしょう
提出の際は、自動契約機の場合は原本、メール・FAXの場合は原本を写して、郵送の場合は原本のコピーを用意してくださいね
これで、スムーズな申込ができるでしょう