アドオン返済とは?レイクの場合はどうなるの?

アドオン返済という言葉をご存じですか?あまり聞きなれない言葉ですね
このアドオン返済は、実は、とても身近で馴染み深い返済方法なのです
アドオン返済とは、主にクレジットカードの分割払いや、車やバイクのローン・によく使用される返済方法の1つで、借りた金額(元金)に金利と期間を掛け、その合計額を支払回数で割った額を毎月支払っていくという方法です
金利を元金に上乗せする、というところから、「add on(アド オン)」、アドオン返済といいます
このアドオン返済の金利は、手数料、または分割手数料などと呼ばれることが多いようです
レイクでは、アドオン返済方式ではなく、元利定額リボルビング返済方式と、残高スライドリボルビング返済方式を採用しています
レイクの採用する、この2つの返済方法では、毎月の支払額が一定しているという点では、同じように思えますが、毎月の支払で減っていく元金に対して金利を掛け合わせる為、返済額は一定でも、その内訳は毎月変動しています
毎月元金が減っていくに従い、その掛けられた利息額も、少なっていきますよね
ところが、アドオン返済方式では、最初の元金にたいして金利を掛け、それを均等に支払っていくため、実質的に支払う利息額は、元利定額リボルビング返済や、残高スライドリボルビング返済に比べ、高くなってしまいます
期限より早く返済を行っても、レイクのように、その分利息額が少なくなるということも、ありません
ローンのアドオン返済では、最初の借入金額(元金)に金利と期間を掛けて算出し、この金利を加えた額を支払回数で均等に分割し支払うため、当然ですが、途中で新たな借り入れはできません
最初の借り入れ以降は、返済専用、となります
そういった面では、確実に支払いを終わらせることの出来る返済方法といえるでしょう
レイクの場合は、元利定額リボルビング返済、残高スライドリボルビング返済のいずれの方法でも、リボルビング方式となっています
リボルビング方式というのは、決められた限度額の範囲内であれば、何度でも、繰り返し借り入れを行うことができることが特徴です
毎月の返済をしている最中でも、再びお金が必要になった時には、新たにカードローンを申し込まなくても、同じカードローンで借り入れることが、レイクでは、できるようになっています