レイクで借りた元金を効率よく返済する方法をまとめました

カードローンやキャッシングでの借り入れた金額のことを、元金(もときん/がんきん)といいます
この元金には、利息は含まれません
実際に借りた額のことです
この元金に、決められた金利を掛けたものが利息となり、返済額には元金と利息の両方が含まれてきます
ですので、支払いの際は、利息だけではなく、元金を減らすことが大変重要となってくるのです
レイクでは、効果的に元金を減らすことの出来る方法があります
それは繰り上げ返済を行うことです
繰り上げ返済とは、その名の通り、決められた返済額を繰り上げて支払うことをいいます
レイクでの最低返済額は、残高スライドリボルビング方式の場合、10万円の借入残高で、¥3,000円の最低支払額となっています
この¥3,000円の中に、利息に充当される額と、元金に充当される額が含まれています
これを、¥10,000円で支払った場合、¥3,000円は毎月の最低返済分として、残りの¥7,000円は全額元金返済へ充当されます
このように、最低支払額より少しでも多く繰り上げて返済を行うことにより、元金を効率的に減らしていくことができるのです
さらに、レイクでは、その返済日さえも、繰り上げることができるのです
通常、レイクのような銀行でのカードローンでは、返済日が毎月固定された日に決まっています
その、決められ日以外の返済は、すべて臨時返済となり、毎月の支払分とは別のものとして取り扱われます
ですので、当然ながら、支払日にはまた最低返済額以上を入金しなければなりません
これでは、よほどお金に余裕が有る時ではないと、行えませんよね
ところがレイクでは、返済日の14日以内であれば、毎月の返済分としての入金と、取り扱ってくれるのです
返済額には、元金と利息額が含まれることは、既に説明しましたね
返済額が同じでも、返済を行った日が1日でも早ければ、元金に充当される割合が増えます
それが、14日間も早くから認められるというのは、すごいことです
支払日の15日以前の返済は、臨時返済として扱ってもらうことがますし、返済して借入額が減った分は、また、再度借り入れることが可能です
このことからも、レイクは支払う利息額を抑え、元金を効率よく返済することの出来る、優れたカードローンといえるでしょう