カードローンに対する規制の一つ、総量規制。レイクはその対象外です。

カードローンやキャッシングを提供する事業者に対して、いくつかの規制が有ります
この規制は、借りる側の生活を脅かしたり、借り入れが膨らみすぎて破たんする、といったことが無くなるよう、私たちを守るものとして、事業者に課せられている法律です
この規制の中で、実際にお金お借り入れる際、私たちに関係してくるのは、金利と総量規制の部分になります
まず金利ですが、これは上限20%と定められており、これを超える率で貸付を行うことは禁止されています
もし、貸付を行った場合には、その事業者は行政処分の対象となり、20%を超える金利部分での利息は無効、支払う必要が有りません
現在、20%の上限を超えて貸付を行う業者はほぼ皆無かと思いますが、覚えておくとよいでしょう
次に、総量規制です
こちらは、実際に借り入れを行う際、とても関係してくることですので、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか
総量規制というのは、「年収の1/3を超える貸し付けを行ってはならない」とされる法律で、貸金業法で定められています
貸金業法というのは、貸金業者、いわゆる消費者金融会社に適用される法律です
これに対して、「レイク」のような、銀行が提供するカードローンやキャッシングというのは、銀行法が適用されます
銀行法では、その貸付額に対する規制は、現在定められておりません
この為、レイクでの借り入れは、年収1/3まで、という規制の対象外となり、レイクが独自に行う審査に通りさえすれば、1/3を超える融資を受けることも可能となっています
また、消費者金融での借り入れの際は、この規制のため年収を証明するものの提示が必要となりますが、レイクでは、借り入れ希望額100万円までは、原則不要となっています
自身での収入が一切ない専業主婦の方も、年収1/3という総量規制により、消費者金融からは借り入れを行うことができなくなっています
この点でも、レイクは規制外ですので、配偶者に定期的な収入が有れば、本人の身分証明のみで50万円までの借り入れを行うことが可能です
配偶者の同意書や、収入証明を提出する必要は有りません
世帯収入として、審査を行ってくれます
このように、レイクでのカードローンは、本当に、規制の対象外として、借り入れを行うことが出来るのです