レイクでの返済方式の一つ、元利均等返済についてご説明します

レイクでは、返済方式を「元利定額リボルビング方式(元利均等返済)」と「残高スライドリボルビング方式」の2つから選ぶことが出来ます
上記の返済方式にはいずれも「リボルビング方式」と付いてますね
リボルビング方式というのは、決められた利用限度額以内であれば何度でも借り入れと返済を繰り返し利用できるシステムのことを言います
異なる返済方式として重要となるのは、「元利定額」・「残高スライド」の部分になります
これは、どこのキャッシング・カードローン会社でも同じですので、覚えておきましょう
まずは、「元利定額リボルビング方式」についてご説明いたします
これは、通常「元利均等返済」と呼ばれるもの同じです
レイクでは、この「元利均等返済」に、リボルビング方式を加えたものとして、「元利定額リボルビング方式」と呼んでいるのですね
「元利均等返済」とは、借入残高にかかわらず、毎月一定の金額を返済していく方式です
カードローンの返済は、実際に借りた金額に加え、利息額の合計を返済していくのですが、その合計額は日々変動していきます
支払日の元金、それぞれの借入日数にたいしての利息額と、非常に複雑で、ご自身での毎月の支払計画が立て辛くなってしまいます
その点、レイクの元利均等返済であれば、借り入れの額に関係なく、毎月一定に決められた金額を返済すれば良いので、計画の立てやすい、非常に支払いを行い易い方法と言えるでしょう
レイクでの元利均等返済では、借入額10万円までは毎月¥6,000円、借入額10万円以上、20万円までは¥11,000円となっています
リボルビング方式ですので、返済を行えば、限度額内であれば、再び借り入れを行うことが可能です
レイクでは、元利定額リボルビング方式の他に、残高スライドリボルビング方式があります
こちらは元利均等返済と非常によく似ていますが、毎月の支払額が、支払日の残高によって、段階的にスライド(変動)していきます
レイク以外の各社でも、多く採用されている方式です
こちらの方法では、新規借り入れの際に、借入金額にたいして最低返済額が設定され、以後、追加の借入や返済の際に、残高に応じて最低支払金額が再設定されます
残高スライドリボルビング方式では、借入額10万円までは¥3,000円、20万までは¥5,000円、以降借入額40万までは、10万円増えるごとに¥2000、40万以上70万までは、10万円ごとに¥3,000、となっています